fc2ブログ

バットの長さと重さ。

バットについて、いろいろ他のホームページを参考にして調べてみました。

メジャーリーグで活躍するイチロー選手と松井秀喜選手。

イチロー選手
  (身長)180cm
   (体重) 71kg
(バット長) 85cm (身長の47.2%
(バット重)900g  (体重の 1.26%

松井秀喜選手
  (身長)186cm
  (体重)110kg
(バット長) 86.5cm(身長の46.5%
(バット重)910g   (体重の0.82%


そして11歳(小6)の全国平均(2008年度)
  (身長)145.1cm
  (体重)38.09kg

ですから、145.1cmで、38.09kgの11歳の子は、
68.5cm480gのバットでイチロー
67.5cm312gのバットで松井秀喜と同じ感覚でスイングが出来るかもしれません。


また、アマチュア野球の規定で、
金属バットの重さは、900g以上となっています。(軟式を除く)
ということは、イチローと同じか、
それ以上の重さのバットを高校野球で使っているということです。
バットの強度の問題と、飛距離を制限する為の“900g以上”なのですが、
10年連続200本安打目前の選手と、
高校生が同じ重さのバットを使っているのにはびっくりです。
また、飛距離の制限に注目すると、
900g以下のもっと軽いバットなら、もっと飛距離が出るということになります。

一度、固定概念を捨てて、
短いバット、軽いバットを使って、
その分ベースに近く立ったりすると、
何か新しい発見があるかも知れないですね。
その逆は、どうなのかなあ。

tsuka#28
スポンサーサイト



 プロフィール 

北リトルカープ

Author:北リトルカープ
北リトルカープ ~群馬県高崎市の少年野球チーム~

 カレンダー 

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 最近の記事 
 最近のコメント 
 最近のトラックバック 
 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 FC2カウンター 

 ブログ内検索 

 リンク